読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごろごろにゃーん

とりあえず、だらだらと何かを書いてみるページ

猫を飼うコストは100万円

初回更新日:2017/1/16
 
先日うちの猫達を病院へ連れって行って、検査をしたところ、検査費用と薬代でまさかの4万5千円で涙目でした。
 
最近の猫ブームでテレビなんかでもやたら猫が出ててきて、そういう影響で飼い始めた人もいるのではないかと思います。ただ最近の猫は平均寿命も延びてきて、15才、20才の猫もそれほど珍しくありません。そんな猫たちを15年飼うとしたらどれくらい掛かるものでしょうか?ちょっと試算してみました。
 
4キロのオス猫(室内飼い)の前提で、かつ幼猫期や老猫期を考慮すると計算が複雑になるので、成猫期(1才~7才くらい)で計算します。
また医療費は症状によって大きく変わるため、ここでは去勢&ワクチン代のみ計上しています。(ちなみにうちの子の2015年一年間の医療費は80万円でした)
 
1.日常的に掛かる費用
 f:id:aki5656:20170116161225j:plain
 
医療費
健康な子は年一回のワクチン接種くらいです。
三種混合ワクチンの場合、3,000円~5,000円位なので、ここでは4,000円としておきます。
 
※ちなみに心臓病の場合はこんな感じです。
三ヶ月に一回の血液検査とエコー検査で三万円
朝昼晩の薬で1.5万円

一年30万円*7年=210万円

車が買えますね。
 
エサ代
当然毎日食べる必要があります。長く飼っていればそれだけ愛情も湧いてきて、美味しいものをあげたくなってドンドン高いものをあげるようになるんですけどね。
 
2017/1/16現在の楽天キャットフードランキング1位のロイヤルカナン インドア 室内で生活する成猫用に4kg入り3,398円を与えるとします。
※1位は10kg用ですが、10kgだとなかなか食べ終わらず風味も失われていくので4kg用にしました。
ロイヤルカナン社(http://www.royalcanin.co.jp/product_cats/fhn/INDOOR+27/)によると一日の給餌量は56gです。
 
4000g / 56g = 71回分
従って1月に半袋で、1,700円になります。
 
ちなみに療養食になると1.5倍くらいは掛かります。そして高齢猫の多くは療養食を食べるように病院で勧められることが多いと思います。
 
オヤツ代
やっぱりどうしてもオヤツを上げたくなってきます。普通に食事を与えていればオヤツは必要ないし、オヤツの食べ過ぎは健康を害す恐れがあります。ただ猫の可愛いおねだりに負けてあげてしまう人は多いようです。
とりあえずオヤツは1か月1,000円以内!にします。
 
猫砂
猫はトイレを教えなくても自分で理解して、しかも基本的に失敗しないので楽ですよね。猫砂が飛び散りますが・・・
2017/01/16現在の楽天1位は「猫砂 紙の猫砂」で1袋あたり447円です。
 
1か月につき4袋使うとして、 447 * 4 = 1,788円です。
 
キャットタワー
やっぱり高いところが好きな猫にキャットタワーは必須です。上を見ると10万円以上する高級品もありますが、
平均的な10,000円のキャットタワーを5年ごとに替えるとします。
 
1年だと2,500円ですね。
 
首輪
最近の首輪はやたらとおしゃれでお値段も相応に高くなってきています。一本500円位からですかね。100円位のもありますが、楽天の売れ筋をみていると1000円以上のもザラなので、500円としておきます。2か月に1回くらい替えるとします。
 
1か月だと250円
 
爪とぎ
壁で爪とぎするイメージがありますが、うちの子は爪とぎでしか爪をとぎません。知り合いのうちの猫でも壁で爪とぎをして困っているうちはありません。ちゃんと爪とぎを用意してあげれば壁では爪とぎしないのかも?
 
普通の板状のやつで250円
 
これくらいなら毎月替えてあげましょう。
 
お勧めはこれ。爪とぎとして、ベッドとして大活躍。
 
日常的に掛かる費用の合計
ワクチン:4,000円
エサ代:1,700円 * 12か月 = 20,400円
オヤツ代:1,000円 * 12か月 = 12,000円
猫砂:1,788円 * 12か月 = 21,456円
キャットタワー:2,500円
首輪:250円 * 12 = 3,000円
爪とぎ:250円 * 12 = 3,000円
合計:66,356円
 
2.基本的に1回のみの費用

f:id:aki5656:20170116161227j:plain

 

猫自体
最近は猫ブームのあおりを受けてか、ペットショップで売られている猫たちのお値段が凄いことになっています。
30万円なんて普通。50万円なんている猫も結構売られています。
ペットショップで猫を買わずに、里親募集で探しましょう。かわいい猫がいっぱいですよ!
 
ケージ
小さいうちはケージで過ごさせるように言われましたが、うちは我慢できずに2日目にはケージから出しました。
とはいえ、当分夜寝る時はケージで寝ていたので、これは購入しましょう。何かあった時に避難してもらえますし。
(たまにゲージと言っている人がいますが、ケージ(ケは濁点なし)です)
 
2段タイプで8,000円
 
キャリーバッグ
病院へ連れていく時の必須アイテムです。暴れる猫は洗濯ネットで病院にきますが、普通はキャリーバッグでしょう。
特別高いものを買う必要はありません。猫の大きさにあったものを買いましょう。
 
うちの子は5キロあるのでプラスチックのしっかりしたものにしています。また病院で出しやすいものが良いです。
たとえばこんな感じの上下を分割できるものだと、病院でも出しやすいです。
 
プラスチック製で2,500円
 
医療費
去勢・避妊手術は日本獣医師会の2015年統計によると
 
・オスの去勢:12,652円
・メスの避妊:19,833円
 
※病院によっては手術前の各種検査を薦められると思います。(5,000円~)
 
その他小物
水のみ:500円 * 2
餌入れ:1,000円
くし:3,000円 (ちょっと高いけどファーミネーターがお勧め)
爪切り:1,000円 (できるだけ子猫のころから爪切りして慣れさせる&切る方も慣れた方がよいです)
 
基本的に1回のみの費用の合計
ケージ:8,000円
キャリーバッグ:2,500円
去勢:12,652円
その他小物:6,000円
合計:29,152円
 
 
合計

日常的に掛かる費用の合計(66,356円) * 15年+ 基本的に1回のみの費用の合計(29,152円 )

= 1,024,492円
 

f:id:aki5656:20170116161640j:plain

 

ただきっと色々な小物をそろえたり、より良いものに買い替えたり、病気に掛かってしまったりともっともっと費用は掛かるものです。
最低この倍の200万円位は掛かると思っておいた方がよいでしょう。
 
番外編
人件費
夜中に飯をくれと顔を叩かれ、忙しい時に限って甘えてまとわりつく、この可愛い毛玉達に奉仕する人件費はプライスレスです。
 
トイレの砂掃除3回、エサの準備5分、食器の洗い物5分、水の交換2*3分、遊び相手10分*2回、トイレの砂やエサの買い物1h/月
最低これくらいは掛かります。
 
破壊されたパソコン
ノートパソコンの液晶画面の端をかじって穴を開けられました。何本か大きなヒビも入ってしまったけれど、我慢して使っていたらある日液晶画面へ大ジャンプ。液晶画面は粉々に砕け散りました。猫飼いのみなさん、液晶画面には注意しましょう。
 

f:id:aki5656:20170116161229j:plain

以上